えへへへへ


by under-heart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

二月十一日の深夜に

腹減って、あまりもの、もうてゅかわないとデットエンドしそうな食材を使って一品。

コレ、ウマカッタノデ、シルスコトトスル。

1、にんにく半片、同量の生姜、みじん切りで、フライパンにサラダ油、温め、香りを移す。

2、豆腐、半丁、どんぶりの中に入れ、軽く塩を振る。

3、シイタケ2個、厚めにスライスして1のフライパンへ、火を通す、塩、こしょう。

4、もやし半袋、軽く洗って、フライパンへ。

5、ガラスープの素、オイスターソース入れる。

6、水入れる。煮立て味を見る。塩コショウで調整。

7、水溶きカタクリでとろみをつけたら豆腐の上にぶちまける。

8、少し醤油をたらして味の強弱つける。

完成。

青みが一切ないので、あしからず。

でもうまいっす、酒のつまみにはすごくいいし、ヘルシで飯にもなる。

10分でできるのもいい。

と、いうルセットの記録。
[PR]
by under-heart | 2009-02-12 01:12 | junk

Cook'in on Japan

c0094707_2273157.jpg


このド素人は、賄い料理で美味しいものが出たら見よう見まねで作って見ようと思ったので、その一作目。

「豚バラのオレンジ煮」

聞いた話では
「豚1kgにオレンジジュース400、赤ワイン100、醤油100でやったんだけど、オレンジが足りないから継ぎ足したりしたんで、正確なあれはどうかな?」
みたいな話だったのでそれをベースにした分量です。

本日の分量

豚バラ       1500g
オレンジジュース  600g
赤ワイン       150g
醤油          150g

How to
→ 1 豚バラを好みのサイズに切り分け、塩、コショウを振って置く。
  2 鍋で炒め、焦げ目が付いた位で余分な油を捨てる。
    (このあたりでフォークで穴を開けてみたりする)
  3 醤油投入、少し煮る。
  4 赤ワイン投入、少し煮る。
  5 O・J投入、灰汁を取り、油を取りながら煮る。
    完成までの時間は二時間もあれば十分。

  (この順番が正しい保障はありません)


で、煮ると明らかに足りないので、

オレンジジュース200g?300g?追加。

で、一時間程あまり煮てみるが、あまりにしょっぱい。
ので、オレンジジュースを500g?追加で薄めてみるが、ソースはしょっぱいしすっぱい。
ので、砂糖を?g(適量、お好みで)入れて三十分ほど煮てみる。

すると結構うまいのが出来る。
でも、醤油はもっと少なくていいだろうし、順番も醤油を先に入れるのはどうかとも思う。
コツは浮いた油も灰汁と一緒に除去することだと思う。
オレンジのサッパリ感を出したいので、油は邪魔だ。

肉と一緒にパイナップルやキウイを入れて煮ると肉が柔らかくなるという料理の理論があるので、オレンジも同じ要領で肉を柔らかくするのかもしれません。

簡単なのでお勧めです。
[PR]
by under-heart | 2007-06-25 22:30 | by the wey