えへへへへ


by under-heart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

高校生になりたいな

三月九日の新聞に、

「県立高校入試試験問題」

初日の国語、数学、社会が、載っていたので、昼休みに鼻毛なぞ抜きつつ解いてみると、
国語 約90点
数学 約90点
社会 約65~75点

※「約」の意味は記述問題配点の不確か性。故に社会の点数はあやふや。

国語も数学も不明な点は一つも無かったけれども、ドワスレで「大統領にシュウニンする」の漢字を間違えたり(就職活動に縁が無かった事実が原因かと思われる)、「18a+15b/33」を約分しなかったり、完璧に100点を取るというのは、プロ野球の優勝チームがそのシーズン全勝をあげられないように、なかなか難しい。

社会に於いては、覚える教科であるので「承久の乱の時代の土地の管理?え?」と、戸惑わされる事ありの不正解が出れば、記述の問題が多い為、ひねくれた考えのあたしはなかなか的を得た答えにたどり着かない。
例えば、
「最近は大企業がインドに進出している理由はなぜか?」
との問いに、
「人件費が安いから」
と、答案用紙に記述すれば、
答えは、
「豊富な労働力が確保できるから」
と、書いてある。

言っている事や理解している事は同じなのだが、どうもあたしの答案はセコイ。

「明治維新の頃、なぜ横浜が栄えたのか?」
そのような問いの答えは、
「貿易の中心地」
てな按配だが、あたしの答案には、
「幕府の弱体化に付け込んだペリーのおかげ」
そんな事が書いてある。
出題者の意図する「教科書通りの立派な答え」をたたき出すのもまた一苦労だ。

ともあれ母校の合格ボーダーラインは65~70%なので、理科と英語は手をつけてはいないが、なんとかまだ入学できそうだ。

しかし、
問い
(違憲立法意審査権の例だったか?)人口の多いA、人口の少ないB、二つの選挙区での投票における一票の価値の平等、不平等を問う裁判が過去に起きた。それはなぜ起きたか?
(そんなような問い。新聞を捨ててしまったので詳しくは省く)
答えは
「法の下の平等に背くから」
だったが、あたしは疲れていたのか、なぜか、

「力の在る立候補者が当選する為に、わざわざ人口の少ない都市へ出向き立候補し、有権者へ買収行為を行えば、経済的に当選する事ができてしまう不祥事問題が起きるから」

など、困った答案になっており、もしあたしが採点者ならきっとこんなやろうは入学させまい。
[PR]
# by under-heart | 2007-03-15 12:05 | by the wey

ももたろう

吸い寄せられる様に手に取った雑誌、
中身を覗き「なぜ、エッチな本が、居間に落ちているの?僕と母さんと妹の住むこの家に?」
むんむんむんむん・・・・。

「ハッ」と我に返り表紙を確かめてみると、なるほど、pjと書かれたピーチジョンが発行している下着情報提供雑誌な訳だ。
むんむんし損だ。
と、言う訳ではなく、再び中身を覗き冷静な視点でムンムンと観察を始めると、いやはやこの刺激は男子中学生なら軽く沸点に達する熱源を持っている。
言わずもがなほぼ全編にわたり下着のオネイサン、なぜ「オネイサン」がカタカナ表記かと言えば、彼女達はハーフ、もしくは生粋の舶来の方の別嬪さんであり、その絵の様なスタイルの美女が布着れ一枚、たった布切れ一枚で様々なアングルからシューティング(写真だが)されている。

いえいえ、そうでしょう、はいはい、言いたいことは分かります。
確かに「下着」の情報提供するためのモデルとしての媒体でしかない彼女らに色気や悩殺はありえない、と言うのでしょう?
その開けた公開下着、カタログに対して男性根性を噴出させるあたしが変態で異常でけだものでゲス野郎で女の敵とでもいうのでしょう?

確かにあたしは変態でけだものでうじ虫でチンカスでインポテンツでヌケサクでうんこたれぞうで世の中のゴミかもしれません。
しかしですね、ではいったいなぜ下着情報雑誌が発行されているのかという事を考えてみたいのですよ。
もちろん世のマドンナ方の恥部へ華麗さと優美さを添える、一つの「幸せの提案」として(この表現、我ながら秀逸である)、発行されているのでありんすが、下着そのものの定義を考えるに、それはマドンナ方の満足度としてのデザイン上の上質感(たとえば可愛いだとか、胸が大きく見えるだとか)は大事であろうが、根底の、女の本能として、「下着はいったい誰にみせるか?」が見落としてはいけない重要な真実なのです。

「女同士の見栄よ!」などとここへきても性への抵抗を徹底する富裕層には小学校へ戻って、保健体育の授業でも受けてもらうとして、ええ?はっつぁんよ、一人で眺めるかいよ?ええ?下着をよう?おらぁ自慢じゃあねえが、てめぇのふんどし一人で眺めて嬉しかった事は生まれてこの方一度もねえよ?それがなによ?え?女の連中ってえなぁ、てめえの下着をてめえだけで見て喜ぶってぇのかい?へえ?たいしたもんだよお!ケッ!
つまり、「下着」は男性の視線を意識して作られているとい真実をしっかりと疑い、今一度、下着雑誌を見てみましょう。

例えば日常の服装だとしても、少しでも色狂いが始まった中学生くらいの女子なら、坊主であろうが同級生の男子の視線を意識し、手探りで「ファッション雑誌」を眺め、写る可愛いモデルを見よう見まねで着飾り、それを基準として自分を投影し、「かわいいかも?」と初々しく芳香し始めるのである。

化粧をするシステムだって同じ事で、自らを美しく、それは求愛行動の一つです。

下着だとしても同じ原理で女性心理は動くはずだ。
彼氏がいない女の子がですよ、自分の為だけの、プライベートな為に「今度、女友達だけで旅行にいくから」という事情が付いて回わり、いやらしくない、女の子女の子した、親の前で堂々と洗濯物としてマイハウスの一角に吊るされようと全く後ろめたくない下着を選ぼうとしても、購入時には必ず「これなら、いざという時も恥ずかしくないかな?」と、一瞬脳裏を過ぎるはずである。願わくばそうあって欲しい。

そのような心理が隠れているのをもちろん下着会社はしっているはずだから、提供する下着には見えざる様にその色香を含まねば成らない。どんな下着も男性の根性(『根っこ』の『情け』という意味で)に働きかける黄金率が隠されているのです。

そんな雑誌を見て黙っている方が身体に毒ってもんです。

下着の中には、保温性に優れ、あのトキに備えたガッチリガードなゴールキーパーの様な下着もありましょうが、その反面、出場すればハットトリック必須のスパーフォワードのような下着もあれば、「そんなプレイ反則だぜー」というファンタジスタもいます。

なにがなんだかわからなくなってきましたが、とにかく最近の下着情報誌は質がよいですよ、良い子の皆さん。
資本主義は18禁の目を盗んで、良質なエロ本を世に送り出しています。
昔はエロ本なんて滅多にお目にかかれませんでしたが、最近はコンビにの乱立でそこいらじゅうにエロ本が、二十四時間眺められます。そんな環境の中で育つ子供達よ、エロ本はペアレンツガイダンスが必要なんだぜ、先輩というペアレンツからの、お古で見るもんだぜ。教わるもんだんだぜ、教育なんだな。一人で勝手に勉強すると間違っちまうぜ、子供達よ。ま、サッカーでもしようぜ。
[PR]
# by under-heart | 2007-03-08 23:34 | by the wey

so・ko・ni・・・・tacchi!

岩手県で「みっ君」と言えば小笠原、「満ち足りない男」と書いて満男だが、と、言うか、そのプロフィール写真は驚異の撫で肩で恐れ入る。そんな矢印選手、小笠原満男の事はさておき、我が県で「みっ君」といえば「あだち充」である。

タッチて有名、どの作品も同じ顔の主人公でおなじみの青春漫画描き、と言われると「ああ、あの漫画家ね」みたいな反応が妥当に見当がつきそうな男である。

その漫画家の「H2(えいちつう)」という漫画を先日、と言ってもしばらく前に友人の美容室で読んだ。もちろん髪を切る間に全てを読みきれないので、テイクアウトし、自宅でぼちぼち読み終えたのだが、なんというか後味の悪さだけが残った。

漫画太郎先生の様にコピーを多様し、上手い間の取り方の心情描写演出は職人技だし、青春を描く技術はなかなかのものなんじゃあないかと思われるのだが、漫画の中に出しゃばる程に作者を登場させ自虐的な笑いを取り、読者との親近感を計る姿勢は見苦く、そしてその親近感を使い軽く笑いとばしながら漫画の設定や伏線を軽く変える。

難しい話なんか一切してないんだから、プロとしてプロットを十分練り、緊張感を持って原稿に向かって欲しい。そこに苦しみ、良い作品を送り出す漫画家や小説家、その他もろもろはたくさんいるのだから。あと、股関節描写がやたらに多い、その間に読者に作者か気さくに話しかけるのは止めて欲しい。「で、これは、純情青春、熱血高校野球漫画、のはず」作者が言うことではない。

作品が違えど、出てくる女の子の顔や男の顔、性格が全て一緒ってのも力量を問われるところだが、それはそれとして、一貫してテーマを「青春」に絞り、その職人として事を描けるのならそれはきっと良い作品なのだから、もっと真剣に読者と向かい合い、逃げ場を作らず、魅せて下さいよ、と、怒りを感じながらもご贔屓にしたいと思う複雑な後味の悪さ。

小学生の頃、夏休み、ラジオ体操が終わり、退屈になる午前の時間にテレビ放送されるタッチ。
話の数が多い為夏休みが終わる頃にも話は終わらない。
いつも弟が亡くなる辺りで新学期。
気になるその後。

後味の悪い作家である。
[PR]
# by under-heart | 2007-03-06 23:45 | by the wey

J-Fox

人間は一粒の種のようなもので、花と違う点では、花は種からして咲く花が決まっているのに対し、人の種は土と水と光によって咲く花を変えるのだそうな、そんな話があって、自分の解釈を加えると、その花もどの花も最後は頭をもたげて土に返るのが面白く、自分もいつかは枯れるなにものかにならんが為に日々精進を重ねているつもりでいたら、ここ一年で色々な資格を取った。

それで今日も一つ肩書き「食品衛生責任者」になった。
去年はマニュアル自動車の免許や、危機管理責任者、危険物取り扱い乙四種、このままいくとボイラー技師の資格を頂く。
この間、大学院の単位も貰った。
兼ねてから英検三級を持っているが、いったい、あたしはどんな花を咲かせようとしているのか取得資格から考えるに、

現代を憂いた危機管理能力から、普通自動車を改造し、衛生管理した生ごみを燃料とし、危険物プルトニウム並の爆発力を発揮させるエンジンボイラーを発明し作るタイムマシーンでバックトゥザフューチャー(英検三級)するマッドサイエンティスト(大学院の単位)「ドクター・ドク」

にたどり着きそうで今後が大いに楽しみだ。
[PR]
# by under-heart | 2007-02-20 22:35 | by the wey

おさらい

第一回目ということで初顔合わせですから、慣れない名刺交換を行い、短い開校式といったものを済ませた後に、まちづくりとはなんなのか?と云った講義を一時間半ほど受け、授業の説明を基本とした講義を一時間半の、合わせて二時限の講義となりました。

人数はあたしを含め11人と、そのほか商工会議所の方々が数人参加されるといった形で、皆々様の肩書きは市の中心街商店街に店舗を構える方や銀行の方、旅館やホテルの方、大学院生の方、食品会社の方など様々で、形式として班を二つに分け、より少人数で密に議論を出来る環境でした。

まず一時限目に「地域の観光とまちづくり」といった講義を受け、二時限目から本題に入るわけですが、その講義内容というと、
[PR]
# by under-heart | 2007-02-02 14:23

学生気分

このたび、県庁の近くで行われる「地元国立大学の社会人向け講座」が開かれ、参加することと成りました。
社会情報学という学部が開催する「観光プロジェクト創造論」なる講座では、この県庁所在地のの公務員様たちが市の発展の為に開講を希望し、受講者を募った訳ですが、

つまるところ、

あたしの県の県庁は稀有な事に栄えておらず、隣町に新幹線の駅も映画館も人通りも大企業の本社も取られ、閑散としてしまった為になんとか盛り上がらんもんか?このままだと、困っちゃうなぁ。規模だけは大きいよ?県庁あるから。だけど、お金は外へ出てゆくし、人はいないし、リストラ?公務員なのに?とぼやいていると、捨てる神あればなんとやら、観光をプロジェクトし、かつ創造するというありがたい机上のお言葉を、なんと市の発展を例に取り上げ展開していただける形式の講義があるというので、去年から開設しておりまして、そこで「希望者」という皆様の力添えをお貸し頂だき、現場の生なる声や外部からの客観的な声、うんぬんかんぬん、といった訳です。

とにかく、県庁所在地が風化して潮解する前に立て直したい。といった市役所の切なる希望と、建て直しを図るに建設的な方法論を持った大学側、その好機を使い、自らの血肉に変えようという向上心を持つ参加者の三要素が集まり実現した、移動開設型サテライト大学院、なのです。

余談ですが、大学院ですので、単位貰えます。学生証も貰いました。二ヶ月限定。
必要ないですが。

さて、この観光プロジェクト創造論(わかりずらい方には『ゾンビ論』と覚えていただいて結構)の内容とは、まず目的として都市(地域)の集客力とブランド力を高める。そのためには各々の観光関連施設や自治体、NPOなどが個別に動くのではなく、地域全体が一体となるべきであるが、やたらめったらと集団討議をしても人間関係はそうもうまく回らないので、こいつを建設的かつわかりやすい方法てなハウツーで「自らの地域に今どんなことが求められ、何がその障害となっており、それを取り除くためにはどんな解決策がありうるのか」の解決策をお教えしますよ、と。

具体的にそれを県庁所在地を例に取り、体験学習をするので、授業が終わる頃には県庁市の観光プロジェクトが完成しているという按配。

第一回目が本日行われました。
ゆえに疲れましたのでおやすみなさい。
[PR]
# by under-heart | 2007-02-01 22:12 | by the wey

サラリーマンのコント

A、B横に並ぶ。スーツ姿。B、新聞を広げ見る。

A「どう?ね?どうですか?(身体を意識)」
B「・・・最近、痩せました?」
A「わかる?わかります?(得意)」
B「ああ、なんとなく。なんだかお疲れですか?」
A「やってるんですよ、私、流行の『納豆ダイエット』」
B「ええ?!」
A「見た通り、効き目抜群でしょ?」
B「あの『あるある大辞典』のやつですか?」
A「そう、見ました?」
B「いや、僕は見てないですけれども、その、(新聞に目を落とす)」
A「じゃあ、良いこと教えてあげますよ。納豆を交ぜた後20分置いておくんですよ、そうすると納豆の中からダイエットに良い『菌』が繁殖するらしいんですよ」
B「失礼ですけれど、最近、新聞などはご覧になりました?」
A「いいえ。そんな事よりその菌のおかげでいくら食べても不思議と太らないでダイエットまで出来るんですよ。科学的にも相当マトを得ているみたいです」
B「それを続けていて、痩せたのですか?」
A「絶対お勧めですよ、納豆も飛ぶ様に売れてますし、いらい私も20分の間に好きなもの食べ放題で、ストレスも体重もかなり減ってきてます」
B「あ、あの、ごめんなさい。実はその番組って偽造だったんですよ」
A「え?」
B「ご存知ない?」
A「まさかぁ?」
 B、新聞を見せる。
 A、唖然。
A「本日、午後より曇り、夕方雨」
B「いやいや、そっちじゃなくて、こっち」
A「おお!」
 A、落胆。
 B、いたたまれない表情。
A「じゃあ、私の20分間はいったい何?納豆が菌を増やして、これから仕事にとりかかるウォーミングアップの時間じゃないの?」
B「残念ながら、どちらかと言うと道徳の時間?」
A「え?」
B「納豆が良心の呵責に苦しむ、『期待されても、ごめん!』『そんな菌出ません!』みたいに」
A「例えば?」
B「例えば、戦隊ヒーローの役者?子供の前で『期待されても、俺、本当は変身出来ないよ』っていう」
A「ああ!なるほど!手品師が『ごめんなさい、種も仕掛けもあるんです!』みたいな?」
B「うーん、ちょっと違うけど、近いですね。なんていうか、『そんな大きな期待を貰っても、答えられません』という」
A「東国原知事みたいに?」
B「・・それは、違うと思いますけど」
A「じゃあ、九官鳥がオウムに間違えられて『ごめん、期待されても、喋れない』とか?」
B「ごめん、九官鳥も喋れます」
A「九官鳥も風邪ひくの?」
B「・・どうでしょうね?」
A「東国原知事とかけて巨人軍キャンプとときます」
B「・・その心は?」
A「そのまんまが良い」
B「あ、いいですね、じゃあ、納豆とかけて周防映画監督とときます」
A「その心は?」
B「『それでも僕はやってない』」
A「いいね、いいね、冤罪ね。でも納豆も大変ですよね」
B「確かに。ん?でも、納豆ダイエットして、痩せましたよね?実際?」
A「あ!そういえば!?あんなに食べたのに?」
B「その20分で何をそんなに食べたんですか?」
A「大好物なんですよ、ケーキ。あ!すいません、ちょっと」
 A、腹痛を訴える仕草で掃ける。
 B、新聞を見る。
B「なるほど、不二家ダイエット」
[PR]
# by under-heart | 2007-01-31 18:33 | beyond description

一合目

お久しぶりですが、なんとこの記事で100記事目というある意味キリの良い数字までなんとかブログを続ける事が出来ました。

しかし、情けない事に目下進行中の連続記事を中途半端な状態で中断し、切羽詰った生活に時間を当てなくてはならなくなってきてしまったので暫しお休みします。
[PR]
# by under-heart | 2007-01-24 23:08 | by the wey