えへへへへ


by under-heart
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

26th さよなら夏

「いいなぁ、木、木っていいなあ」

忙殺される日々の間を縫って、駄犬の散歩をしてみるとそんな事を思いました。
なんだか今年の夏は暑さのせいか、草花がみずみずしく成長しているように感じられます。

全体的に脂ギッシュにテカテカしていて、猛者猛者(モサモサ)といった感じで生い茂っており、生命力がフェスティバルしております。

普段、人工のモノに囲まれて生活していると、こういう雑草のでしゃばりな生命力やめんどくさいくらいの感じの季節感、虫の声の押し付けがましい主張が素晴らしく美しく見えます。

こういう美しさというものは東京にはありませんでした。
東京にある美しさには必ず、「悲しさ」や「見栄」や「必死さ」といった人間の香りがするのです。

話をもどして、コレが「夏」なんだなと、表現する側はこういう感性を持たねばいかんなあとおもう次第で、料理としては、夏だから鮎出しとけばいいだろうとか、夏だから浴衣描いときゃいいだろう、だから貝殻つけときゃいいだろうとかじゃねえのですね。

今年の夏っつうのはうるさいもんなんだから、そういう視点を持たなければいかんし、外にでて感じなければいかんのですね。毎年毎年、夏は違うのだから。


今日は疲労回復の目的で「お湯屋」に行き、たっぷりと風呂を浴びて、サウナでじっとりと耐え、人生の垢を落として来たのですが、開始20分で疲れ果て、エクトプラズムが口からはみ出てきたので、勝手にどこかに行かれてはこまるから再度エクトプラズムをロッカーの中に仕舞って、意識を断ち切り、ただ、疲労を回復する為に専念したが為に、腕時計を、大事に大事にしていた腕時計を、いつもは肌身離さなかった腕憧憬をなくしてしまいました。

こういうのはうっかりとした、「ミス」です。人生の中の「ミス」です。

その帰り、車を走らせていると、約一年前に不注意トラックに突っ込まれたタバコ屋さんの前を通りかかりました。

既に綺麗に修復されたその店は、事故の時間は深夜だったので、お店には誰もいなく、人身的な事故ではなかったので、そこは不幸中の幸いです。

しかし、そのトラック運転手の人生の道はバッキリと折れてしまったでしょう。

それも「ミス」です。

夕飯を食べながらテレビを見ているとプールで盗撮を見つかって謝っている40代独身男性。
「ミス」です。大きな「ミス」、一瞬ではなく、ずーっと、長い間「ミス」を続けて生きてきたのでしょう。

人間だから「ミス」をします。
でも、取り返しのつかない「ミス」は嫌です。

そういうのを「不幸」というのでしょうか?
真面目に正しく、神様を信じていれば、不幸にはならないのでしょうか?

降りかかる落とし穴にはまらない為にはどうしたらいいのかと、考えてしまいました。
なんだか暗ーくなってきたので嫌ですね。

時計をなくした事で、無理をせず、人生を舐めてはいけないなあと、なんだか誰かに言われてるような気がしました。

でも無理をしなければつかめないモノもあるのが困りモノです。

さよなら26の夏。
[PR]
# by under-heart | 2007-08-28 20:31 | by the wey

ジュリエンヌ

とは、「千切り」のことですよ、「千切り」。

たかが「千切り」に「ジュリエンヌ」などという、歌劇の世界な名前を付けるとはフレンチ料理さんもたいそうな事でござんすよ。

ちなみに「みじん切り」は「アッシュ」。
たいそうハードボイルドな刻み方でござんすな。

「マスター、シャンピニオン、アッシュで頼むぜ。」
(和訳:大将、きのこはみじん切りでお願いします)

「アモーレ、ジュリエンヌ!シュー!シュー!」
(和訳:愛してるぜ千切り!キャベツ!キャベツ!)

と、云うわけで、愛すべきジュリエンヌをやりまくってます。
そうしたら、親指を持って行かれました。

かわいくねえ女です。
[PR]
# by under-heart | 2007-07-10 23:07 | by the wey

Cook'in on Japan

c0094707_2273157.jpg


このド素人は、賄い料理で美味しいものが出たら見よう見まねで作って見ようと思ったので、その一作目。

「豚バラのオレンジ煮」

聞いた話では
「豚1kgにオレンジジュース400、赤ワイン100、醤油100でやったんだけど、オレンジが足りないから継ぎ足したりしたんで、正確なあれはどうかな?」
みたいな話だったのでそれをベースにした分量です。

本日の分量

豚バラ       1500g
オレンジジュース  600g
赤ワイン       150g
醤油          150g

How to
→ 1 豚バラを好みのサイズに切り分け、塩、コショウを振って置く。
  2 鍋で炒め、焦げ目が付いた位で余分な油を捨てる。
    (このあたりでフォークで穴を開けてみたりする)
  3 醤油投入、少し煮る。
  4 赤ワイン投入、少し煮る。
  5 O・J投入、灰汁を取り、油を取りながら煮る。
    完成までの時間は二時間もあれば十分。

  (この順番が正しい保障はありません)


で、煮ると明らかに足りないので、

オレンジジュース200g?300g?追加。

で、一時間程あまり煮てみるが、あまりにしょっぱい。
ので、オレンジジュースを500g?追加で薄めてみるが、ソースはしょっぱいしすっぱい。
ので、砂糖を?g(適量、お好みで)入れて三十分ほど煮てみる。

すると結構うまいのが出来る。
でも、醤油はもっと少なくていいだろうし、順番も醤油を先に入れるのはどうかとも思う。
コツは浮いた油も灰汁と一緒に除去することだと思う。
オレンジのサッパリ感を出したいので、油は邪魔だ。

肉と一緒にパイナップルやキウイを入れて煮ると肉が柔らかくなるという料理の理論があるので、オレンジも同じ要領で肉を柔らかくするのかもしれません。

簡単なのでお勧めです。
[PR]
# by under-heart | 2007-06-25 22:30 | by the wey

禄をはむ。

シェッフを目指して日々格闘中であるあたしはやっとうん子が通常通りにハローしてきている。
料理というものは、「作る」幸せや「食べる」幸せを感じる前に「出す」幸せを知らなければならないと痛感している。

そんなあたしは今のレストランで厨房には入らず、「サービス」という役職となり、フロアで走りまわっている。
厨房志望だからこそ、サービスを経験する必要があるのだそうだ。
と、言うわけで一ヶ月は立ちっぱなしで「お出迎えとお見送り係り」をする事になった。
しかし、ただ「いらっしゃいませ」と言うだけが仕事ではなく「お客様に対するファーストインプレッションをいかに大事に出来るか?そして玄関に立つ事により店の何を把握出来るか?」などと様々な哲学が存在している。
「考える」というのは人間に与えられた最大の「娯楽」なのかもしれない。

とか、なんとか、サービスというのはとっても奥が深く、大変だというのが細々と分かってきているのだが、そういう事を理路整然と述べてみる気分にはならないが、入社して二ヶ月はお客様に皿も出させて貰えなかったりと、以外と厳しい。
実力社会なので年下に使われるし、口悪く怒られるし、いろいろやれやれな世界だ。

それでも楽しいから幸せなのだが、お給金については楽しいとか楽しくないとかの世界ではないので、幸せかどうかは疑わしい世界だ。
と、いうくらいまあ、少ない。
大学生がアルバイトを一ヶ月頑張ってもらうくらいの金額なので、稼ぐ同年代の半分くらい。
確かに修行中の身なので贅沢は言えないのだが、「車検に間に合うのか?俺!!」といったレベルでプレッシャーがかかっている。

しかし、もう、一般における一生分の遊びは東京で済ませてきたんじゃあねえか?というくらい遊んで来たので休日はおとなしく勉強し、平日は遊ぶ隙すら与えてくれないので、なんとか生活できている。

週末に好きな映画を見たり、好きな人と食事にゆける位の少しの余裕があるってのは、内容うんぬんではなくそれ自体シンプルに幸せなことだなと、なんとなくしみじみしてしまう世界を給料明細を見ながら思う。
[PR]
# by under-heart | 2007-06-25 21:59 | by the wey

三ヶ月くらい前に。

なんとかは忘れた頃にやってくるというが、自分が大学を卒業した事どころではなく自分は大学生だった事があった事実を忘れた頃に大学から「同窓会報」といういかがわしいものが送られてくる。

あたしは母校について、その存在に「感謝」こそすれ「愛着」は持ち得ないので、その後の母校への関心は薄く、新聞の折り込み広告を眺める程度の視線でペラペラしていると今年の卒業生のレポートとしての一文に目が留まった。
「僕はこんな学生生活を送り、どこどこへ就職しました。みなさん、夢はかないますよ(後輩達は立派に頑張っていますよ)」
みたいなイメージアップを狙った企画の一文。

その、あたしにとっては後輩にあたる男の子は一浪後、当大学に合格。
入学式前からハンドボール部へ通い詰め、二年で主将に抜擢。勉強しないでスポーツの二年間。
その後、放浪を繰り返し、一年間休学を決め、中国へ留学。
様々な人に支えて貰った上での貴重な体験故に、本気で遊ぶ事が自分を成長させる事だと信じ、寝る暇も無く遊ぶ。
帰国後、無事大学を卒業。
就職先、博報堂。
入社式前から下働きを自ら志願し通い詰める日々。

要領が良く、頭もいい子なんだろうし、なにより行動力の強さで人生を切り開く力のある子だ。
面白い後輩だなあと、思う、が。

当時のあたしは実家手伝いという事をなんとなくわだかまっていたので、希望と勇気と彼の明るい未来に嫉妬する気分になってしまった。
しょうもないのだけれども自分と比べてしまっている。

そこですっかり忘れてしまっている
「自分が大学を卒業した事どころではなく自分は大学生だった事があった事実」
を温泉を掘る想いで思い出してみる事にすると、出てくる出てくる、行動力の数々が。
行動力として大して違いがあった訳ではなかったあたしも。
結果として低俗なものであっても何かを欲してクリープしていた事には変わりは無かった。
今であっても。

その後、縁あってレストランに就職が決まった訳だが、あたしも後輩の博報堂さんも未だ人に飯を食べさせてもらっているだけの身分。
目標を持つってのはすごく清々しいもので、毎日がハッピーなのだ。
なんだかわからんが、愛着が湧かない母校から清々しい後輩が出た事を知ってまた自分を鼓舞する。こういうことが出来るから母校には「感謝」してしまうし、こういう縁に感動してしまう。

あたしの場合は、大学の「授業」で学んだ事はほぼ無縁の世界に再び飛び込み、第二の人生を始める。
人間はやり直せるのだなあと、思う。
そんな一枚のそんな一曲。
c0094707_21321349.gif





ウルフルズ:「Stupid & honest」

「僕の人生の今は何章目ぐらいだろう 」
[PR]
# by under-heart | 2007-06-25 21:29 | by the wey

ガンタンク

前回の記事ではなかなか丁寧な説明ではなかったので、ここで一つ「ビタミンが屁を作る構造」についての説明を付け足す事にする。

今あたしが従事している仕事は朝から晩まで、時には十六時間以上立ちっぱなしの休憩無し、という桁外れの勃起力を要する過酷な肉体労働なので、これに対応できる強靭なスタミナとヘルスケアーが必要になってくる。

多忙時の集中力はテンションが上がりまくりで鼻血が出るほどなので、帰宅時には肉体も精神も夕張市の財政なみに底を尽いている。ところが休養睡眠が五時間を割る場合もありうるので、あたしはサイエンスの力に頼らざるを得なくなったという訳だ。

そこで白羽の矢がたったのがネイチャーメイドのマルチビタミンとビタミンコンプレックス。
前者はオールマイティーにいろいろカバーしてくれるらしい。打撃は無いけれどポジションどこでも守れますよ的な感じでチームに一人欲しい安心感であたしの日々の体調を支えてくれる事間違いなしだ。
後者が期待の四番で、こいつは体脂肪を燃焼させエネルギーに変えてくれるというごっつい働きをしてくれるらしい。

労働基準法をバックミラーの彼方に置き去りにしてしまうほどアナーキーな我が現場なので、一食につき一キログラムに近い量の飯を平らげる。
まさに「大盛り」を「平ら」げる。
その吸収食料を効率よくガソリンに換え、あたしを走らせてくれるエンジンなわけだビタミンコンプレックス。

目算通り、彼は働き、あたしを馬車馬のように働かせてくれた。
こいつがいなければあたしはただの消化不良のデブになってしまうので、大助かりなのだが、そこで問題の消化「過」良好なわけだ。

一食一キログラム近い食料一日三食を摂取して、排泄はトンボ消しゴムの八十円クラスのサイズ。
この毎回満塁ホームランな働きはさすがに恐れを感じるし、ドーピングかイカサマか?と疑問に思ってしまう。

便秘ではないだろう、トンボサイズでも出ているのだから。
一日約三キログラムの食料を燃焼し、エネルギーへと還元する。
燃焼し、吸収した後の排気ガスの様なものが一日50回の屁になって現れている。
考えてはいけないぜ、考えては。
大量の燃料を消費して長時間の働きが出来るなんていう戦車みたいな身体になってしまったわけだが、労働は美徳だぜ皆さん。

働きものは屁をするんだぜ。
[PR]
# by under-heart | 2007-05-21 21:54 | by the wey

突然だが久方ブリにこんにちわみなさま。

ただいまゴールデンウイークであたしは大忙し、事実睡眠不足と過労で仕事中に鼻血だしっぱなしなくらい大変なので、マルチビタミン、ネイチャーメイドの力を借りて体調を整えているのだが、「うんこ」が出ない。

ビタミンの力を借りて脂肪を燃焼させエネルギーを作るのが目的のネイチャーメイドだったが、吸収食料の十分の一の「うんこ」も出ない大活躍ぶりがちょっと気持ち悪い。
便秘ではないのだがきばれどもきばれども「うんこ」はでない。

ちなみにあたしがきばる時の心の声は「かーめーはーめーはー!!!!」であり、これは結構効率よく力を集中出来るので是非お試しあれ。
その「カメハメ波」でも、出ない。それはストレスにもなるので困っている。

しかし、「屁」は一日に50回ほども出る。

ビタミンは屁を作る。

とりあえず、コレだけをいいたかったのよ。おやすみ。
[PR]
# by under-heart | 2007-05-05 23:50 | by the wey
○自給
 860円
○業務内容
 昼寝。
 一時間半に一度5分程度の巡回。

そんなアルバイト紹介されたら二つ返事で希望しましたよ、学生のあたしは。
ゲームセンター内の店員として、お客に呼ばれた時のみ出動、後は人目に付かないカウンターで待機。勤務人数一人。
当時、演劇の台本や製作やら様々で忙しかったあたしはゲームセンターで既にアルバイトをしている友人(呼称・ジャイトニオ・イノバ)に紹介され、喜び勇んで面接を受け、採用してもらった。

「別に仕事なんか特にねーよ、座ってればいーんじゃん?」

嬉しすぎるほどに楽で条件の良いアルバイトであり、タバコの煙と騒音に我慢すれば自由そのものであるので、イノバとの二日の研修も終わり、一人で勤務を任されたあたしは必死にシナリオ作りにとりかかり、仕事の「し」の字も気にしなかった。

一週間が経つ頃、

怒られた。

「マスター」に。

(ここで「マスター」と言うのは「マスター・ヨーダ」的なものではなく「喫茶店」的なモノと理解していただきたい)

言い遅れたが、このゲーセンの勤務人数は三人で、あたし、イノバ、マスターで回している。ほぼフリーターであるマスターは午前中からの早番を、学生のあたしとイノバが午後の遅番を順々にと言った形で。
たまたまみんな同年代で、マスターはここのゲーセンオープン当時からいる古参であり、イノバはあたしが入る一年前くらいからアルバイトをしている。

ところで、怒られたあたしは意味がわからず、イノバに研修受けた通りの業務内容を以って反撃をしてみたが、少し考えると、

「おい!コラ!別に仕事しなくていいんだろ!!このバイトはよ!!あ?」

何言ってるんだ俺は?
給料貰っている上でこんな理論を盾に戦えるわけが無い。

そういえば誰がUFOキャッチャーの景品を入れ替えているんだろう?
灰皿を交換しているのだろう?
掃除をしているのだろう?
研修であたしに仕事を教えなかったイノバの野郎があたしの分まで綺麗に仕事をこなしているのだろうか?
いや、ありえない。
顔を上げマスターの怒り顔を見つめながら「なるほどね」と納得。
聞けばイノバ自体が大変なサボり癖があり、ほとんど仕事をこなさないらしい。
怒っても聞かないし、効かないのでマスターもほとほと困り果てているのだとか。
つまり、イノバが研修とサボったと考えるとツジツマが合う。

と、まあ、こんな調子で知り合いになったマスターとはそれ以来週3~4で顔を合わせる事になった。バイトの引継ぎ時に顔が合う訳だが、あたしがゲーセンに到着すると、このマスター、真冬以外は決まって半そでTシャツと野太いズボンを格闘家のような身体の上に乗せ、腕を組んで立っている。
引継ぎが終わり、帰るときになるとまた決まって、野太いズボンの足を広げ、ズボンの位置と金玉の位置を正し(機嫌がいいと、迷惑な事に「ほれ、この、玉の裏の一番汗をかく部分の・・」などと言い、パンツの中に手を入れた手をなすりつけようとするイタズラを催す)、上着を羽織り、サングラスを掛け、コンビニの80円パックのお茶に刺されたストローを勢い良く吸い上げ、最後の一口を飲み、右手を上げて出てゆく。

そしてあたしの記憶によれば、マスターは週3~4日で何かに怒っていた。

ギターにお熱を上げているこのマスターは所属していたバンドが解散となり(あたしはその解散ライブの様なものに行ってみると、「MATSUI・55」と書かれたヤンキーズのTシャツを着て、こてこてのハードロックを弾いていた)、携帯のサイトで新規メンバーを探し、愛するハードロックバンドの結成を企み、行動をしていたのだが、まず、釣れた魚は、

「マジカル・ビスケッツ」

というヴィジュアル系バンドのベース担当から。
ギターだけがいないという願ったりの状況なので、せっかくだから話だけでも、と会いに行ったマスターは次の日、
「三人とも足を組んで髪の毛を掻き揚げやがった」
と、格闘家の様な短髪漢は怒っていた。

「こんにちは。石田ですけど、バンド組みたいと思っています。よろしくお願いいたします」

と、いう意味不明のメールが一度送られて来た以来音信普通になってしまった「石田さん」にも怒っていたし、「今日、これから新しいバンド候補と会って来るんだよ」と言い帰った次の日は、

「そのボーカルのヤツの体型がボーリングのピンみてーなんだよ!しかも、禿げててよ!んで、ドラムの人が40歳くらいの社会人だから練習来れないとかぬかして、ベースのヤツなんか、オメェ、中国人だぜ?!「来年の三月に国に帰ります」って、4ヵ月後にいねぇんかい!!」

中には感触の良いメール内容もあって、「ハードロックを中心に曲を作っています。」そんなバンドがギターの抜けた穴を探していたので、マスターはウハウハでメールを返したのだが、加入内容に、

「髪、長いですか?」

「ウェーブかけろっちゅうんかい!こらぁ!!」
また怒っていた。

そして忘れた頃に、再びマジカルビスケッツから、今度はドラム担当から知らぬ顔でオファーを受け、ブチ切。

飲みに行った時も、
「関西のお笑いをなぁ!」と、東京の若者について怒り終えると、
「こないだ、この店でオタク連中が、美容師についてのコメントでよぉ!」
「友達に連れて行かれたライブイベントっつうのが、宗教の集会でよぉ!!」
「生まれてこの方アイスクリームしか食えねえし食った事がねえっつう、電波の女がいてだなぁ!でも可愛いんだ!もったいねぇ!」
と怒りシフト変幻自在に変えて怒っていた。
[PR]
# by under-heart | 2007-03-23 18:05 | by the wey