えへへへへ


by under-heart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:by the wey( 83 )

Don't think twice,It's all right

2/28に五代続いた稼業の旅館がクローズした。

ちょうど28歳の誕生日にあたる日で、最後に客として寝泊まりした。


今、玄関先の水車の前には「売り物件」の立札がある。


うちがないことは、
ひとりぼっちで
かえりみちのないことは、
全然知られぬ
ころがる石のようなことは、

どんな気がする
どんな気がする
[PR]
by under-heart | 2009-03-02 22:33 | by the wey

at

数式をベースにした話。


1+1-1=1



どういうことかわかる??
[PR]
by under-heart | 2009-02-26 00:54 | by the wey
昨日、知りあいに誘われて東京までワインの試飲会に行ってきた。

フランス食品振興会という団体が主催で結構な規模で、数もそろい、日本のインポーターがまだ手をつけていない作り手などが顔を出している。

そうなると、フランス人がむき出しでワインの前に立っている。

質問をしようにも、
「can you speak english OK?」
と言ったところでこちらも「a little」なわけだから、戸惑ってしまう。
飲んだ後から親指を立てる仕草と精一杯の笑顔でお腹いっぱいだから工程や商談などは雲を掴むお話だ。


頼りのソムリエは一番おいしそうな笑顔を浮かべ、端から全てのワインを堪能し、ものすごいスローペースで回っている。

実はこれでお会いするのが二回目だから幸せそうな笑顔にそんなわがままも言えないので、ヒットアンドアウェイな戦法で業者さんとお話をしていたら、隣で少し酔った感じて話しかけてきてくれたプレスの方が、

「おいしいですねえ、レストランの方ですかあ、あんまりワイン知らないもんだけど、有機なんですってねえ」

「有機、どのあたりまで有機なんでしょうかねえ?リュットリゾネくらいなのか、完全なディナミなのか?」

「いやあ、よくわからないですが、聞いてみますね〈振り向き〉ペラペラ、えー、ペラペラ〈振り向き〉全部ですって」

「はあ・・・」

もう、ビオの話はどうでもよくて、結論から、勝負の世界で日本語しか話せないってのはカタワだ。

結局、帰宅後にネットを見ても欲しかったりおいしかったワインのHPはフランス語。
気を使ってくれて英語訳にしてくれるページがある。



妹が韓国に遊びに行った時のコト。
去年の12月だったが、韓国での商人は、日本語を巧みに使って話しかけてくるんだそうだ。

若い子も日本のドラマを見て覚えた、学校では特に教わらなかった日本語を使って「福山マサハル」知ってるか?と声をかけてくるらしい。

先進国で胡坐をかいて「ここは日本だから」なんて時代遅れな考えを一ミリでも持っていて捨てられないなら、このさき、望みは捨てた方がよさそうだ。

大げさにいえば、
戦争に負けて、植民地とされず、国家を保てたコトに対する是非は、後の世代の人間に委ねられてる。
[PR]
by under-heart | 2009-02-25 23:05 | by the wey

かっぱの3ページ


水木しげるの「河童の三平」という漫画がある。

河童に似ている三平と三平に似ている河童との童話(?)である。


その中で、村の水泳大会に三平が出る場面がある。

三平は河童に似ているといえども、とんだ「トンカチ」で泳ぐことが出来ない。

そんな中で選手一同、位置につき、よおーいスタートの掛け声と鉄砲の音で一斉に池に飛び込む。

レースはその池を一周して先着を争うものである。

続々と池周りを泳ぐ選手の中、三平はひたすら湖底に沈み始める。
深い湖底に尻もちをついたはずみに、「トンッ」と地面を蹴ってみると「スーッ」と湖面に向かい浮上を始めるのである。


第一泳者がゴールを目の前しようとする矢先、なんと、誰より先にスタート地点に顔を出したのは三平である。
必殺潜水泳法、優勝は三平の手に。


泳ぐ力も飛ぶ力も、這い上がる力もなく、光の当たらぬ時は、ひたすらに沈むのである。

それは忍耐だと思う。

でもひたすら沈み、流れに任せることで血路は開かれるのである。
[PR]
by under-heart | 2009-02-17 16:57 | by the wey

オーマイガ

なんだか最近の内容は固くなってるなあとおもっているところ。
自分は堅いなあとおもってるところ。

ま。

肉ばっか食ってると魚も食いたくなるというか。

同じ妻には飽きてくるというか、いや、そこは愛という深い話なので、別として。

まじめなことばっか考えてると、くっだらないこと考えてしまいたくなるもので。


「・・えー、新しいパイロットのシコリーノ・ハンボッキ君だ」
「チンカス」
「え?」
「・・(咳ばらい)、彼の国ではいわゆる「オーケイ」、了承を意味する言葉は「チンカス」と言われる」
「チンカス」

と、いう、航空機がハイジャックされるコントを書きたいのだが、のちほど、とても後悔しそうだからやめる。

明日が試験日で、徹夜で勉強してやろうとおもっていたのに、ムラムラに負けたオナニーのようで後悔するから。





・・・・・・最低。
[PR]
by under-heart | 2009-02-14 01:10 | by the wey

ロールプレイング

バカンスに入って一か月が経とうとし、そろそろ次の営業準備にとりかかる次期となってきた。

その間、毎日ごはんを自分でまかなわねばならないのだが、疲れていたり、イレギュラーな時間に食をしたりしていると、食べずに終わる事もあるし、何にしようかと考えるのがとても億劫な時もある。
瑣末なコトに追われてスーパーで何を食べようか考えながら立ちつくし、時間を無駄に使い、また瑣末なコトに追われてしまう。

でも、なげやりにしてはいけない。

カップラーメンだろうが、納豆ごはんだろうが、ハンバーガーだろうが、
「なにを食べても、一食」
には変わりがない。

積み重ねると、
「なにをしようと、一生」

食べ物ひとつひとつに体に与えるエネルギーや役割がある。
おこないひとつひとつに人生に与えるエネルギーや役割がある。

と常々言い聞かせて、もとい、言い聞かせる、毎日・・。
[PR]
by under-heart | 2009-02-11 22:04 | by the wey

イン ユー テロ

「テロワール」

という用語がワインにはある。
日本語訳を独訳すると「土地の個性」といった感じのものである。

ある地方ではとてもテロワールが大事にされ、価値が生まれる。

つまり、たとえば同じ木を植えたとして、

土地の個性

つまりこの区画、畑では土壌、傾斜からくる水はけ、日照時間、気温、地形、標高などなどの様々な要因から、出来上がり、完成されるワインの味わいが異なるのである。

もちろんそれには醸造技術や人の手の力も加わる。

しかし、土地には「個性」がある。

信じる信じないは別。ワインとあなたの歴史を比べても意味ないし、無理に信じても意味ない。飲んだって簡単にわからない。事実あたしも全てを把握できてない、当然ですが。

でも、ワインの世界には、そんな、あたしには神秘というか、奇跡な考え方がある。

あたしが音楽でロックと呼ばれる分野を好きなこともこのテロワールの思考と似通っている。

わかりやすいのが、ロックの中でオルタナティブと言われる分野があって、日本語訳では二者択一のとか言われるが、つまり、唯一無二の、代えが効かないとあたしは考えている。

つまりは、絶対的な個性。アイデンティティーの確立。

ニルヴァーナでなければスメルズライクは成り立たないし、ピストルズでなければアナーキーはありえない。

絶対に代えが利かない。

時代と世界が認めた確固たるカリスマ性、神秘、奇跡。

そういう考えの元、あたしは音楽とワインが好きなのだ。


ワイン作りでは、そのテロワールを大事にしようと思うと、最大限個性を反映できるように作り手も苦労する。
だから、素晴らしい。
自分たちの個性を世界に表現するわけだ、持って生まれた、持っている潜在能力を最大限生かす努力を惜しまず表現する。
あたしにとって、それ以上素晴らしい生き方はない。

ブライアンジョーンスは自らの音楽的才能を伸ばすために極寒の中、指先から血を流しながら練習し、手を温めた。

どれほどの水を注げば、どれほどの日を当てれば、どれほどの除房を行えば、予期せぬ悪天候に見舞われるかもしれない社会の中で納得いく自分を表現できるか?

それはこれから自分で確かめるしかないようです。


タイトルはニルヴァーナですが、お前の中のテロワールという勝手な語呂あわせ。
[PR]
by under-heart | 2009-02-07 01:10 | by the wey

ポテトチップ化

早朝に鞭打って免許の更新に今日行ってきまして、なんと、これから運転免許証もICチップ化になって暗証番号が、しかも二つも必要ということで、いろいろアナログでは過ごせない時代の意向を感じて、まあ、ポテトチップ化よりはマシだけど、なんつう、しょうもない事言ってんのは、「やるべきこと」で頭がいっぱいでネタまで手が回らない。

更新をすませ、親しいワイン屋さんで、ご夫妻とがっつり二時間立ち話。

今は一線を退いてのんびりしているが、我が県のワイン文化の良い時代を作った話を聞く。

今、紹介してもらった県下のレストランを回りながら顔を広げている。
これからは、あたしらの時代なんだと強く思うことが自分への義務だ。

雑貨屋で店のメニューの構成のアイディア収集。
できること、今しかできないこと、よーく考えて動く。
人生の「その時」ってのは目の前に来てる。
[PR]
by under-heart | 2009-02-06 23:32 | by the wey
昨日の夢では実家の近隣が紛争地帯と化した場所で、ボコボコにましんがんで打たれながら腹が立つままに喧嘩する夢。

バカンスのフ抜けた空気に満足できていない自分に、危機感と不満が押し寄せてきているみたいだ。

とりあえず、今日は走った。とにかく走った、といっても、体力の無さはその行為をよそから見たときに散歩に見せたかもしれないが。

苦しいことに忙しい中でしか満足を得れないようだ。

いま、この投稿プレイ画面の上で、持田香織が「一歩距離を置くと、何か見えてくるものああると思う」と言っているが、何を見たいのだろう?
象か?キリンか?パンダなのか?
とにかく、満ち足りてないからこういう発想をしなければならんのだろう。
行き詰ってる方、必見です、一歩引きましょう!なんか見えます!

パソコンを買って素晴らしいなとおもっているのが、こいつにたくさん、持ってる音楽を、好きなやつ、頼もしいフォアグラのカモのごとくぶち込んでいまして、今、訳3000曲の引出しを作って、こいつをランダム再生させる。

いままで、アルバムってのに、その順序に作品性があり、連続というものに意味をかんじてほのぼのしていまして、必ず自分の思う、知っている曲がかかって来る確信のもと、流れる音楽だったのに、今回の新妻は予想不可能でも、なんか、ま、とにかく面白いってことで。
いきなりご無沙汰だったクラッシュとかかかると、なんか、泣けます。と、いうか、泣きました、という記録。
ちなみに今teenageFunclub!キてます!でもこの前はMC5でしたが。
で、ラーズ来て、レイチャールズ来て、中島美香!
次にトラヴィス、ベルセバ、シガーロス、井上陽水!!
で、プライマルきて、fishmans・・・と。
はずし具合も、勝手にキマっちゃうところもスゴイデス。


同じ中学のヤツの中で、連絡をしても一向に虫するヤツがいて、ちきしょうとおもっているんだけど、そいつのブログを今のぞいたら、「自分の命と引き換えに願い事を叶えるとしたら?」的なことが書いてあって、持田香織のパンツでもくれ!と適当に答えそうだけど、考えれば、命と引き換えにするなんてえフザケタ軽薄主義は教育上も自分の哲学上においてもいかんでしょう。
命あっての、命を使って、自分の希望や願い事ってのを一つ一つ苦労してかなえていこうとするのが人生なんだから、それをひきかえちゃあ、あんた、本末転倒でんがな。

あんたがいない世界なんて存在しないわよ?

と、教えてあげたほうが正しい気がします。

あんたができない事を他力本願で、自らの命にたよっちゃあいけません。

ちなみにタイトル名はボウイから。いろんな意味で。チェンジ。チャージでも可。
[PR]
by under-heart | 2009-02-06 01:40 | by the wey

en glish

英語の勉強のテキストを始めようとして、今日、第一の例文がだよ、

前置詞「for」について

・work for a living(生活のために働く)
・be bad for you(あなたのためにはならない)
・cry for pain(苦痛のために泣く)

ええけどな!ええけどよ!!
おまえ、覚えとけよ!こんちきしょう!!!
[PR]
by under-heart | 2009-02-04 23:17 | by the wey