えへへへへ


by under-heart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2009年 02月 03日 ( 1 )

必殺 仕事人

c0094707_014349.jpgコーヒーという飲み物というものに対しての理解を誤解していたのかもしれません。今まで。
そいつは味わうものではなく、寝起きや仕事前の興奮剤か休憩中や充電中の沈静剤という薬物としての考え方をしていまた。
そんな、心に余裕のない環境でした。

ありがとう、バカンス。
久し振りに背後からの殺気を感じる事なく過ごせる時間で、コーヒーを珈琲と感じる時が過ごせるなんて。

親しくなったチーズ屋さんから教えてもらって行ってみた喫茶店。
贅沢です。天国です。
考え方一つですが、400円で、大人としての義務から「許される」時間を与えてくれます。
それを謳歌出来るかどうかはその人の身分や環境があるでしょうが、だから、考え方として、です。

少なくとも、僕がおとずれた時間に同席をしていた人たちは、義務から「許されて」いる、大人として頼りがいのない、いや、そういう責任を放棄して、「今だけは誰も頼っちゃだめだよ。だってコーヒー飲んでるんだもん」という空気が満ち満ちていました。

今までのあたしでは決して味わえない空気。
堕落ではなく、充電されている満足感。
でも、それは、やっぱり、この「薬物」のおかげなんじゃあないでしょうか。
やっぱりこいつは薬物なんじゃあねえでしょうか。


で、結局、何が言いたいかってえと、おいしいのよ。
喫茶店のコーヒーってえのは。
激安の豆をぶちこまれ、ボタン一つで仕事する、ビンゴの景品で当たったウチのコーヒーメイカーも偉いが、やっぱ、朝の興奮剤の味しかしないし、香らない。
会社で、でっかいボールにコーヒー豆をザクっと入れて、ボッコボコに沸かしたデッカイ鍋の湯をザブンと入れて、キッチンペーパーを引いたザルでドドドっと濾されたまかないコーヒーは、やっぱ、そういう味でしょう。漢の味でしょう。

なんでもそうでしょうが、プロの仕事ってすごいのよ。

で、そういうの知らなきゃ駄目だなってことなのよ。

飲食の世界入って、あたしは、フレンチだからなおさら、本当のフランスの味ってのを知らない。

そこから始まって、じゃあ、ボルシチって本当はどんな味なの?パエリアってどんな味なの?てか、自分で作るチャーハンってこれでいいの?一般にチャーハンってどんな味なの?600円ってどれだけの味なの?

食に限らず、ラップって何なの?本当のジャズってどこから来たの?ライブってなによ?映画の始まりや名画ってなんなの?つーか、うちの洗濯機ってホントに綺麗になってんの?これに1000円って正しいの?

モノにはそれぞれ本物の世界や仕事ってのがあって、自分の価値観の判断は「経験」からしか学ぶ事は出来ないから、コーヒー一杯でも勝負かかってるなあと、後ろから殺気を感ざるを得なくなってしまいました。

ん?
[PR]
by under-heart | 2009-02-03 00:51 | by the wey