えへへへへ


by under-heart
カレンダー

2006年 12月 20日 ( 1 )

雌の匂い

視覚を利用した表現に、絵画や写真があります。
聴覚を利用した表現に、音楽があります。
味覚を利用した表現に、料理があります。

嗅覚を利用した表現を考えるに、具体的な例はさておき、セックスアピールに利用されているのは間違いなく感じます。ゆえに、
「雌くせぇ!」
などと、食事前のあたしの前に現れる過剰なパヒュームな妹に敵意をむき出すのですが、どうも、これ、最近のうちの駄犬が色づき始めまして、身体に異様なモノを擦り付け始めたんですよ、これが、もうまいった。

散歩に出かける時に、あたしは時間によりいくつかのコースに使い分けているのですが、その中に、気が向くと足を伸ばす山道コースとして、マタギの為にあるんじゃねえか?という道なき道を山に入るコースに連れて行くケースがあるのです。
そのときは手綱を解除し、野へリリースしてやりまして、すれば予想通り大喜びではしり、ただしかし、あたしとの半径10mの距離が開くと急いで近くへ戻ってくるので、あたしも楽だし、犬にも運動になるので、安心していられたのですが・・

どうしたもんやら、最近は、二回に一回の散歩のペースで、身体に、擦り付けて、来るんですよ、イノシシの、




「うんこ」



干支を意識するほどの粋な計らいでもないでしょうから、幾度も怒り、身体を洗い、往復ビンタをお見舞いしてあげても、どうしても、なんでよ?うんこ、擦り付けて帰ってくるんですよ・・。
なんなんすかね?
誰か知りません?対処のしかた・・・?
ともあれ、来年はいい年になりそうですが・・・。
[PR]
by under-heart | 2006-12-20 18:41 | by the wey