えへへへへ


by under-heart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スモモ飴  ⑤話

 バレエを始めたのは、幼稚園くらいの時かな。よくあるお稽古事の一つでお母さんが習わせてくれてたの。ああいうのってお母さんが自分の時間を作りたいから習わせるみたいでさぁ。ウチでも家の中で私がうろうろ騒がしかったから教室通わせたんだって。
 もともと動くのは好きだったみたいだから結構楽しくやってたんだけどさぁ、中学生くらいになってくるとだんだんレッスンもキツくなるし、その頃だともうある程度のレベルっていうか、都内からいろんな人が集まってくるトコに行き始めるのね?やっぱり、そうなると、いるんだよねぇ。背が高くって、手足が長くて細くて、いかにもバレエ向きの身体してて、本当に上手い子が。
 その頃ってやっぱり、女の子って丸くなる時期だから、私も少し太り始めたのね。それでそういう人見てたり、レッスンが厳しかったりすると、あー、向いてないのかもなぁ?って思いはじめてさぁ。だから高校に入った時からバレエやめて、ジャズダンス始めたの。
 そうしたらまた面白くなったんだけど、でもそれも高二までで、うーん、私が行ってた高校って武蔵(有名進学校)でしょ?受験期になると回りの会話内容が「滑り止めは青学か法政、でも行きたくない」みたいな、今から思うとすっごく嫌な会話なんだけど、そういうのが当たり前だったから、学校で部活のテニスもやってたし、ぜんぜん成績悪くって、受験の為にダンス辞めて、テニスも辞めたんだけど、それがいけなかったみたいでさぁ。
 ずっとバレエとかのダンス続けてたから、そういうのがいっぺんになくなっちゃうとさぁ、勉強すればいいんだけど、なんか身になんないんだよねぇ。なにしてても中途半端っていうか、学校おわるじゃんか?家に帰るんだけど、机に突っ伏しちゃうし、予備校行ってみてもなんか写すだけだし、息抜きで遊ぶ遊び方もあんまりしらなくって、友達も学校より教室の方が多いくらいだったから、落ちて落ちて、鬱気味だったのかなぁ?わかんないけど、浪人しちゃったんだよね。
 さすがに浪人したら大学受かったけど、一年間、あんまり明るい思い出はないよねぇ。ずっと机に座って下向いてたみたいな感じで。でも、受かった頃に「またダンスやらない?」ってジャズダンスの前の先生から誘われて、その時に初めて褒められて嬉しかったっていうか、「あなたは人より身体が柔らかいんだからこのまま辞めるのはもったいない」とか言われて、春休みあたりから早速やってみたんだけど、もちろん身体は動かないんさぁ、だけど、すっごく面白くって、右手が上がるとか、足が曲がるとか、当たり前の動きが楽しくってしょうがなくなっちゃって、バイトして、通い詰めてさぁ、また、大学始まっても、友達が少なくなっちゃったかも。なんつてね。てか、こんな話でいいの?参考になってるの?

 バレエというものは基本的に内から外へ向かう「アン・ドゥオール」の舞踊。外へ外へと大きく広く。
 身体が柔らかいという長所は身体の軸が定まり辛いという短所も持ち合わせている。しかし軸を定めたその演技は不思議な程軽やかで、停止した瞬間の表現力に輝きを増す。
 内向的ゆえに軸が定まらず、ふらふらと人生を歩き、彷徨ってしまう。
 だんだんと主人公の人格がイメージされてくる。
 そして、好きなモノには距離を置いた方が良い。本当に好きなものや身体の中に染み付いているものは時間の風化や浸食さえ寄せ付けないのだから。

 バレエって全ての踊りの基礎になるからさぁ、ジャズダンスを中心にやってるんだけどね、今はバレエも週一か二で行ってるんさぁ。昔は嫌だったんだよね、スタイル良い子の前で注意されたり、ソロで躍らせてもらえなかったり。でも、そのやっかみみたいなのはスタイルとかのせいじゃなくて、やっぱりその子の方が上手いからって思ったら、それも当然かなぁって。そしたらね、一年後だけど、バレエでプリマ(主役女優)やらしてもらえるって!「ジゼル」で!

 そんな取材をしている最中に一本の電話。
「下心さん、僕もうこれ無理っス、限界っす。こんなんで書けませんよ。ギブしそうです」


[PR]
by under-heart | 2007-01-17 23:48 | beyond description