えへへへへ


by under-heart
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

不思議なちから

今日の朝日新聞の記事

金はなぜ金色なのかとの疑問を解明するなかで、それは光の反射により、色と輝きから成るそうで、金は「赤から黄、橙色、緑」を良く反射し、それが混ざって金に見えるそうです。
なので、場合により、
コロイド微粒子では赤に見え、粒子を大きくすると紫、厚さ一万分の一の金箔に強い光を向こう側がすけるほどに当てると青緑色が浮かぶそうです。
すずや銅などを混ぜると独特の色合いで、ピンク、ホワイト、イエローゴールド。お好みなら紫ががった金、緑の金が作れるといいます。

しかし、美しいのはやっぱり金色と住友金属鉱山の中里見さん。
商談の席で、純金の地金を手に取ったらどんな資産家も、かなり気難しい人も表情が明るくなる。
と。

「黄金の輝きには、人間のDNAに働きかける不思議な力があるようです」

なるほど~。
その力は、スキヤキとか、ものすごい美女とか、ラブレターとか、温泉とか人それぞれにも様々あるようで、神様がくれた人類への贈り物なのかもしれません。
[PR]
by under-heart | 2007-01-07 22:26 | by the wey