えへへへへ


by under-heart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

like a rolling stone

あたしの仕事はこれから少々忙しくなってくるのでして、今日まで、三日の休みがありました。

休みを頂くってのは、児童の頃より何よりの好物だったのですが、仕事を始めてのお休みってのが、イマイチ調子狂っちゃって、何をしていいか良く分からない。

平日休みの上、あまり友人も増えていないので遊ぶ相手も見つからず、その前に家事をこなす義務があるのでロハ飯頂く手前せこせこと従事し、洗濯物を干しながら、なんだろう?この存在感の薄い衣類は?などと、女家族の下着に疑問を感じながらも、あたしはこんなことをしている場合じゃあないんじゃないか?これでいいのか?おいおい?と、男子の志とやらを奮起させられ、Vシネマを鑑賞しながら次の日を迎える。

とにかく、仕事を始めるようになってから「目標」といったものが薄れてしまっている事は事実な気がするのです。
普段の優先順位として、どうしても仕事内容が抜きん出てしまう、すると、自分の趣味も好みもおろそかになって、仕事の事を考えてしまう。
だけど、休みだから好きなことしようとしても、なんだか仕事が気になって、どっちつかず、そのうち時間だけが過ぎて、朝飯、昼飯、夕飯、就寝、生きてんだか死んでんだか。
結局今日は、「どうせなら」という気持ちで休みなのに仕事してました。

これが、日本人のいけないところであり、悪い大人の例であると共に、下衆な大人に羽化する前兆なんだろうなぁ、と危機感も麻痺されながら感じてしまうのです。
時間の経過も早いものですから、5年や10年はあっというまでしょうね。

「人間のほとんどはね、自分が何者だか、結局何もわからない内に終わってしまうものなんだね」

司馬遼太郎先生がこんな事を言っていましたが、まさに、なんだろうなと。
年の暮れに来年を危惧できるのはいい機会でした。
[PR]
by under-heart | 2006-12-22 22:27 | by the wey